半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

ホテルマン人生を賭けた『ウォー・ゲーム』


二十歳から15年間、京都市内のビジネスホテルでフロントマンをしていた。

そのときに何度か『ウォー・ゲーム』というのをやった。

ルールは単純だ。前の奴より、大きな声で『ウォ』という声を出すだけだ。

要するにビビったら負け。しかし、下手をするとホテルマンとしてのクビが飛ぶデンジャラスなゲームでもある。


あれは入社3年目くらいのある日勤のときだ。マネージャーが昼休憩に行っている間に開催した。

参加メンバーは僕と女性スタッフ2名の合わせて3人だった。

女性相手に負けるわけにはいかない。

短期決戦でいこうと決めた僕は二巡目で『ウォーッ!!』と絶叫した。

女性スタッフは口を押さえながら笑った。自分たちの負けを認めたのだ。

僕は拳を突き上げた。だが、そのまま固まってしまった。

女性スタッフの後ろに事務所にいたはずの支配人が、突然現われたからだ。


次のボーナスの明細を見たとき、僕が獣のように『ウォーッ!!』と叫んだのは言うまでもない。

                           
                      これから仕事は真面目にやろうと、誓ったあの日に合掌。                




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        

コメント

仕事中に何してるですかー(笑)
女性もウォーって叫ぶんですか。お客さんが聞いてたらどんなホテルだって思われてますね〜。

  • 2014/12/30(火) 12:34:29 |
  • URL |
  • 米田米子 #5lgk84Pk
  • [ 編集 ]

おっしゃる通りです。

一応、お客様のいないときにするんですけどね。

いつお客様がいらっしゃるかわからないスリルを楽しむというゲームでもあるんです。

女性は、みんな可愛く『うぉ』って言ってました。

あほ過ぎた自分が恥ずかしいです、はい(笑)

  • 2014/12/30(火) 13:35:21 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する