半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

「あんた○○に似てるな」


 昨日、会社の先輩、夏山さん(仮名・60歳くらい・女性)に

「あんた、チェッカーズに似てるなあ」

と言われた。

 チェッカーズって……古いし7人いたし、いったいメンバーの誰に似てるの? と思ったけど面倒くさいので

「ありがとう。夏山さんは大原麗子に似てるで」

 と返しておいた。

 夏山さんは「いやーん」と頬を赤らめた。ちょっと可愛いなと思った。

 





気まぐれ日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する