半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

『白日夢』  いつもあほなことばかり書いているから、たまにはこんなのを・・・

たとえば―――昼ごろ目が覚める。寒い。ベッドから出られない。DVDをつける。アダルトDVDを観る。慰める。
溜め息を2回ついてもう一度眠る。ピストルを持った男に追いかけられる夢を見る。追いかけまわされて終には撃たれて死んだ。いや死ぬ直前に目が覚めた。風呂に入った。髭は剃らなかった。素っ裸のまま缶ビールを開けた。携帯電話が鳴った。麻紀からだった。用件は「遊んでおくれ」だった。とりあえず下着をはき、約束の時間までまた眠った。
 麻紀は元気だった。「forms」に行った。麻紀はよく食べよく笑った。僕はあまり笑わなかったがよく食べた。閉店まで騒いで店を出た。やっぱり寒かった。すぐに車を出した。行くあてはなかった。大きな交差点来るたびにジャンケンをした。僕が勝つと右、麻紀が勝つと左に進んだ。
“偽宝石売り”の話をした。麻紀は悲しそうに「ふうん」と言った。雨が降ってきた。帰りたくなった。僕は雨が大嫌いだ。不意に麻紀が抱きついた。
「好きになっていい?」
 僕は返事をしなかった。
「ねえ、答えてよ!」
 麻紀が首にまわした腕を揺すった。ハンドルをとられた。車が歩道に乗り上げた。電柱に当たって車は止まった。フロントガラスで頭をぶつけたとき、目が覚めた―――なんていう夢を見た日は一日中、麻紀のことが気になる。彼女に会ったら何て話そうかとソワソワしてしまう。たとえ彼女が存在しなくても・・・・・・。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 
 
     

コメント

夢、よく自分もみますよ^^
ストレスがたまっている時は、会社で上司に叱責されている夢とか、最近は自分の葬式の夢を見たかなw
気になる夢は、夢占いでチェック!
当たった試しがないですがw

  • 2014/12/23(火) 14:11:26 |
  • URL |
  • 金太郎 #-
  • [ 編集 ]

僕も見たいです!

ご自身のお葬式の夢を見られたんですね。
僕も見てみたいです。誰が来てくれているか、やっぱり気になりますから(笑)

  • 2014/12/24(水) 01:52:10 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する