半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

半泣きの詩(うた)  ジーパン編


半泣きの詩(うた)  ジーパン編


ジーパン、お前はカジュアル

ジーパン、お前ははきやすい

ジーパン、お前はかっこいい

ジーパン、お前はブルー


でも、ジーパン

冬の朝、お前をはくとき

ちょっと冷たい・・・



ブログタイトル『半泣きの詩(うた)』をイメージした詩を書いてみた。

読んでいただいた通りの不出来だ。自分でもびっくりする。そもそも詩などと言っては捕まるレベルだ。

本当は寺山修司のような、『想像力は鳥より高く空を飛ぶ』的な、かっこいい詩を書きたかったのに。

しかし、更にびっくりするのは『半泣きの詩(うた)』をイメージした詩が、ジーパン編だけでなく、

猫編とみかん編もすでに出来上がっているということだ。今夜はこれ以上罪を重ねたくないので、思いとどまるが、

またいつか、自虐的な欲求が極まったときに投稿する。

                                            破廉恥な自分に合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 
 
      

コメント

猫編&みかん編
楽しみにしてますよ〜

  • 2014/12/21(日) 04:41:35 |
  • URL |
  • マキさん #-
  • [ 編集 ]

ありがとうございます(笑)

猫編&みかん編、今度、へべれけに酔っぱらってしまったときに投稿させていただきます。
マキ様も素面では読まれない方がよいかと(笑)

  • 2014/12/21(日) 12:44:19 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

詩心がないのでわかりませんが、冷たいジーパンをコタツに入れて温めるのを想像しましたよ(笑)
想像力を使わせたということは、なかなかいい詩なんじゃないでしょうか。

  • 2014/12/21(日) 15:55:45 |
  • URL |
  • 米田米子 #5lgk84Pk
  • [ 編集 ]

いえいえ。

想像力を使っていただいたというよりは、気を遣っていただいたという感じで恐縮です(笑)

そうですね。こたつに入れて温めたりしますね(笑)

  • 2014/12/21(日) 23:08:13 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する