半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

ユルくなってきた。(下ネタではない)


いよいよというか、早々にというか緩くなってきた。
 
43歳と10ヶ月にして、涙腺がユルユルになってきた。

買い物帰りなんかにたまたま見かけた、近所の中学生が一生懸命、部活に励む姿になぜか泣けてきたり、

頼りない足取りで、お兄ちゃんの後をついていく三歳の姪っこを見て、うるうるしてしまったりと、

最近、ちょっとキテいるのだ。

しかし、いくらキテいるからと言って

“んな、泣かせようと思って書いてある作品で、泣いてたまるか”

と、思って読んだ『鉄道員(ぽっぽや)』で、熱いものがこみ上げてきたときは、さすがに情けなかった。

トイレで『大』をしながら読んだのだけれど、44歳にもなろうというおっさんが、尻を出したまま泣くというのは、

何かしらの罪名がつくのではなかろうか。

ところで、僕の弟は3歳くらいのころ、『泣いても涙が出ない』という少々変わった病気になり、涙腺に針金を

通して治してもらったそうだ。聞いただけで、涙が出てきそうな話だ。
  




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 
 

コメント

えと、罪名は尻出爆泣罪とかでしょうか、、
なかなかの姿ではありますが、、、(笑)
涙腺緩くなるのは
悪い事じゃあないと思いますよー
人間味があって素晴らしい〜

  • 2014/11/28(金) 04:49:11 |
  • URL |
  • マキさん #-
  • [ 編集 ]

ありがとうございます(笑)

素敵な罪名をありがとうございます(笑)
執行猶予中は、トイレで読書はできない感じですよね(笑)

お褒め頂いたので、涙腺は全開でいきます!

  • 2014/11/29(土) 01:21:07 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する