半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

女子のノートはなぜあんなに美しいのか。


 女の子のノートというのは、なぜあんなに美しいのだろう。

 高校時代、テスト前に仲の良い女子達からよくノートを借りた。

 大体においては字はもちろんのこと、なんだかその佇まいまで凛としていた。

 気のせいか、微かに良い匂いがしたりもした(そんなことはないか)

 誰のことを想って書いているのかは、知る由もないがページの端っこに

「・・・好き」

 なんてのがあったりすると、それだけでもう『イッて』しまいますわな。

 かように女の子のノートというものは、美しく可憐で清潔なものであるはずなのだが、

 中には例外もあった。

 僕の女子、及び女子のノートに対する幻想を見事にぶち壊してくれたのは、N子ちゃんだ。

 N子ちゃん、君や君。君な、ノートはきっちり美しく取ってるくせに、あほやったやろ。

 あるとき、偶然にテストの点数を見てしまったのだけれど、その衝撃的な点数に思わず

 あ、あのノートはなんやねん! 

 と、ツッコミそうになってしまったではないか。

 ま、でも、笑顔は100点満点だったから、よしとするか。

 それから、ノート貸してくれてありがとう。

 
 ところで、以前勤めていた会社の引継ノートに

    25+12=37

 という走り書きがあった。

 暗算でせんかい。

    




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 
 
 
 

コメント

わ・・・私のノートみますか?
すごいですよ・・・字が汚すぎて読めません。
しかし前に何かで聞いたのですが、きれいにまとまったノートより書き込みが多いノートの人が、勉強は出来るらしいです。
というわけで自信を持ちました。
私以外には解読不能ですが(笑)

  • 2014/11/13(木) 17:51:16 |
  • URL |
  • 米田米子 #5lgk84Pk
  • [ 編集 ]

なるほど!

そういえば、高校の恩師も

「字のうまさと頭の良さは反比例する。僕の字がへたくそなのが
 その証拠だ」
 
と、言ってました。

そうです。自信を持ってください!

それに本人以外が読めない方が、セキュリティ上、良いですもんね(笑)

  • 2014/11/13(木) 18:45:27 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する