半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

恥ずかしい勘違いについて。


「ちくわ」―――竹輪と書きますね。魚肉を竹などに捲いて焼くから竹輪。そのままですね。

ところが、僕の友達の利佳ちゃん(永遠の24歳・正統派美人だけれど、しゃべりもイケてるなにわのオカン)は、

ちくわというのは、あの形状で海中にゆらゆら揺らめいていると思っていたそうだ。わかめのように。

と、いうことは、利佳ちゃんは『ちくわ漁』なるものが、あると思っていたのだろうか。

漁船に引き上げられた投網の中には、大漁(大量)のちくわ。んな、あほな。

でも、こういう勘違いは誰にでもある。

これまた僕の友達だが、女子大生の良子ちゃんは、牛の舌というのは焼き肉屋さんで出てくる、

あの『ぺろんとした、薄くて丸っこいもの』だと思っていたそうだ。ついこの間まで。よく大学に入れたものだ。

かくゆう僕も『ブリキのおもちゃ』は木製のおもちゃだと、高校生くらいまで思っていたし、

『波浪注意報』だけなぜ英語? と、中学生くらいまで思っていた。

そういえば、ちょっと前にあの山Pが

「何年か前まで、Wi-fi(ワイファイ)のことを『ウィーフィー』って言ってました」というようなことを

テレビで告白していた。 照れくさそうに言う山Pに、胸がキュンとなったぞ。

と、まあ、こういう勘違いは枚挙にいとまがないわけだが、指摘されたときは、大体の人が

「あ~ぁ。そっちの方ね」

とか言ってやり過ごそうとするのがパターンだ。

そっちの方ねって。そっちもこっちもないやろが。

どいつもこいつもみんなあほや。あほばっかりや。

ごめんなさい。なぜか、ちょっと取り乱してしまいました。

    




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 
 
 
 

コメント

ワイファイ・・・ウィーフィーだと思ってた・・・(爆)
いえ、嘘です。
長男にしらっと、ワイファイだよ?しらなかったの?と言われて知りました。
家族内の段階で恥の拡散を防げたので良かったです(笑)

  • 2014/11/12(水) 18:55:21 |
  • URL |
  • 米田米子 #5lgk84Pk
  • [ 編集 ]

よかったですね。

危なかったですねえ(笑)
もし、拡散していたらと思うと・・・
ほんと、防げて良かったですね。

  • 2014/11/12(水) 22:50:06 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する