半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

よく夢を見ます。


 よく夢を見る。

 昨夜は、こわい夢を見て恐かった。

 あほ丸出しの文章になってしまったが、それほど恐かったのだ。

 こんなのだ―――

 とても広い平原に、高さが100メートルはあろうかという大きな木が立っている。

 僕はその木の下で昼寝をしようと、仰向けに寝転がった。

 目をつぶろうとしたとき、視界に小さな「点」が現われた。

 木の上から、なにかが落ちてくるらしい。

 「点」は次第に大きくなってくる。

 危険を察知した僕は逃げなければと思うのだが、身体がいうことをきかない。

 やがて落ちてくる物体の正体が明らかになった。

 それは猿だった。

 なにがあったのか知らないが、これ以上はないというほど怒りに満ちた顔の猿が腕組みをし、

 座禅を組んだ格好で落下してくるのだ。僕を睨みつけて。僕を目がけて。

 怒れる猿の『座禅アタック』が炸裂する瞬間、恐怖のあまり僕は叫び声を上げた―――

 
 ところで、目が覚めた。
 
 ふと横を見ると、隣の部屋で寝ていたはずの嫁が、襖を開けて立っていた。

 僕の絶叫で目が覚めたらしい。 

「どうしたん?」

 髪の毛が爆発した状態で僕を心配する嫁に、震える声で答えた。

「猿が・・・猿が落ちてきたんや」

 嫁はニヒルな笑いを一つ浮かべると

「あんた、一昨日は寝言で、『ブラックホール!』って叫んでたで」

 と言って襖を閉めた。

 ブラックホール? 一体、どんな夢を見ていたのだろう。


 いま、深夜の1時半だ。

 そろそろ眠くなってきたが、今夜も夢を見るのだろうか。

 眠るのが、怖いような楽しみなような……

 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する