半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

楽して確実に稼げる方法

『楽して確実に稼げる方法教えます』

という見出しの新聞広告が掲載された。

確か何十年か前のアメリカでだ。

見出しの下には

『知りたい人は下記の住所に100ドルを送ってください。稼げる方法を書いたテキストを送付します』

という文言があり、その下に広告主の名前と住所が書かれていた。

広告を見た人たちのうち多くが、広告主宛に100ドルを送った。


しばらくすると、その人たちの元に広告主から封書が届いた。

開けてみると中には紙切れが1枚入っており、そこにはこう書かれていた。


『俺と同じ広告を打て』


100ドルを支払った人たちは、さぞや悔しかっただろうが、広告主は嘘をついているわけではないので、文句も言えなかったようだ。

僕が小学生の頃、以下のようなやり取りが、流行った。


『100円やるから、1つだけ頼みを聞いてくれへんか』

『いいよ』

『はい。じゃあ100円』

『ん。で、頼みってなに?』

『1000円ちょうだい』

先述の広告と発想は似ていると言えるのではないか。

いずれにしても、うまい話などないと肝に銘じるべきだろう。最近はもっと巧妙な手口で、他人からお金を巻き上げる輩があちこちにいるらしい。


ところで、インターネットの知識が少しあれば、毎日5分の労働でうなるほど儲かる方法を僕は知ってるいるのだけれど、知りたい人は、このブログのコメント欄にメールアドレスを打ち込んでください。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する