半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

夏、プール、殺意とか。

だいたいどこのプールも、プールサイドに出る直前にシャワーがある。

それはもちろん良いとして、そのシャワーの下の水溜まりは必要なのだろうか。


訊くところによると足を消毒するためらしいが、僕にはあの水がどうしてもキレイには思えない。

ひどいところは白湯スープみたいな感じになっている。

温度も生ぬるいし、きしょく悪いことこの上ない。

小学校の頃などは、出来るだけ足が深く漬からないようにつま先立ちで、且つ、可能な限り少ない歩数で渡りきれるよう大股でと苦心していたのだが、デリカシーの欠片もないアホの同級生、たとえば小泉なんかが、バシャバシャと水を跳ねさせて僕の横を駆け抜けていったりした。


軽い殺意を覚えた。


場所が場所だけに水に流してやったが。


ところで、夏といえば嘉門達夫の『プール』という曲を思い出す。

小学校のプールの時間に起こる悲喜交々を活写したコミックソングだ。


♪プール 平泳ぎしてるヤツに 顔面けられた~♪


必聴です。






気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

コメント

あっ!私も足元の水溜り嫌。
今思うと結構昔は、不衛生そのもの。
よー皆病気にならへんかったもんやね。

貴男は泳ぎ得意?
blog口角があがる位楽しい。

  • 2015/08/26(水) 17:01:31 |
  • URL |
  • きょうこ #-
  • [ 編集 ]

きょうこさま。

僕は泳ぎは不得意です。

クロールなど、どう見ても溺れているようなフォームですし、息継ぎすると必ず水を飲んでしまいます(笑)

ブログ、楽しんでいただいているようで、嬉しいです。

ありがとうございます。

  • 2015/08/26(水) 21:27:53 |
  • URL |
  • 島中 之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する