半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

思春期の娘に、こんなことを訊かれた。

普段は

『なぁ、パパ。♪夏は股間がかゆくなる~って、コマーシャルあるけど、ほんまにかゆくなるん?』

なんていうあほなことを訊いてきたりする中2の娘が、この間、こんなことを言った。


『なぁ、パパ、ママ聞いて。だいたい5時間目か6時間目なんやけどな。授業中にふと窓の外を見たら、プールではしゃぐ1年生の歓声とか、先生の吹く笛の音とかが遠くから聞こえてきて、グランドの木が風でゆっくり揺れたりして、その景色がどういうわけか、オレンジがかって見えたりすると、わたし泣きたくなるねん。わかる? この気持ち』


『わかる!パパはわかるぞ』


もうすぐ45歳で、最近めっきりクーラーの風に弱いのだけれど、僕はロマンチストである。だから、娘のいうことはよく理解できたので、激しく同意した。

『パパはわかってくれるんや。嬉しぃ』


と言って娘は喜んだのだが、 台所で煙草を吸っていた嫁がひと言、

『あんた。授業中によそ見したらあかん』

と言い放った。


なんとも現実的でロマンのかけらもないが、正論ではあるので、僕も娘も黙ってしまった。

ところで冒頭の娘の質問だが、

『んなもん。夏だけじゃなくて年中かゆいぞ』

と答えたら

『病院行き』

と言って笑い転げていた。


思春期になると、女の子は父親を嫌いになると聞いていたが、今のところ大丈夫そうだ。

ただ、娘が学校の男子にも同じ質問をしていないかが心配だ。

明日にでも確認しよう。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する