半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬長期出張編 パート・Ⅱ その8 出張、終わりました。次回からまた元の半泣きの詩(うた)に戻ります。



本日、5月31日を以て、長きに亘った群馬工場への出張が終わった。

厳密には、29日の金曜日で業務は終わっていたのだけれど、そこはそれ、送別会とか移動とか、関東圏にいる昔の仲間たちと旧交を温めるとかいう時間も含めたりすると、やっぱりこの末日までが出張だったということになる。

僕がさっき勝手にそう決めた。

で、その長期出張の最終日に昔の仲間と会うために昨夜から東京に出ていたのだけれど、宿泊先である上野はアメ横近くのカプセルホテルがなかなか見つからなくて右往左往していると、黒いスラックスにぴしっとした白いシャツを着たおっちゃんが、シューッと僕に接近してきては、のっぺりとした顔とは不釣り合いなシブイ声で耳打ちをした。

『はい。お兄さん。上野でおっぱいどう? おっぱい好きでしょ、おっぱい』

数多いる通行人の中から狙いすましたかのように僕にアプローチをかけた客引きのおっちゃん。あんたの目に狂いはなかった。

確かに僕はおっぱいが大好きだ。

けれども、昨夜、声をかけてくれたときは、とにもかくにもホテルを見つけださなくてはと、いっぱいいっぱいだったのだ。

だからして、


『おっぱいなら間に合ってるよ』

などと、ハードボイルドを気取ってあんたを振り切ったのだけれど、本当は上野でおっぱいをいっぱい堪能したかったのだよ。


いっぱいいっぱいの男にとっては、おっぱいは二の次になってしまうという切ない例だ。

ところで、添付の写真は、ホテルマン時代の仲間に会うために買った服だ。

前回、春に会ったときはピンクのパーカーに緑のアウターで『桜餅ルック』だったのだけれど、今回は夏のフルーツ『すいか』をイメージしてみた。

名づけて『スイカラールック』(安易の極みやな)

宴のときに昔の仲間が笑ってくれたのはよかったが、往来ですれ違う人たちの視線は痛かった。

そのタイミングでもし

『おっぱいどう?』

と声をかけられたなら、きっと

『いいねえ。巨乳、スイカップでよろしく』
かなんか言って、ホイホイ着いて行ったに違いない。

男ってあほだ。

んなわけで、群馬工場のみんな、ホテルマン時代のみんな楽しかったで。

ありがとう。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する