半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬出張編・20・応援も終盤 喝!!




いきなりだが、添付の写真に収まっているポスターを見てほしい。

『暴力団に喝っ!!』

というキャッチコピーが殊更に目をひく。

長期出張先の工場の掲示板に貼ってあるポスターだ。

群馬県警が、暴力団追放のために作ったようだが、僕はこのポスターのこのキャッチコピーに違和感を覚える。

最近、元気がない暴力団に群馬県警が

『しっかりせいや』

と言っているように感じてしまうのだ。

暴力団がおとなしいと、張り合いがないのだろうか。群馬県警。

違うな。

しかし、細かいことに拘る僕としては、紛らわしいキャッチコピーをつけた群馬県警に喝を入れたい。

群馬県民ではないけれど。


さて、長期出張もいよいよ終盤だ。

最後まで気を緩めず頑張ろう。

あ。群馬県警に喝入れてもらおかな。

やめとこ。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する