半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬出張編・16・応援4週目 もしかして、体が目的なのか…

4回である。

なにが―――

京都から群馬に来てちょうど1ヶ月。小川さんというこちらのメンバーと出かけた回数が4回なのである。

小川さんは身長が188cmちょっとある。

179cmと、決して低い方ではない僕よりも10cmほど高い。

更にラグビーをやっていたので、筋肉質でもある。

そんな小川さん(35歳)が、引き継ぎが終わったタイミングなどに、すっと僕の横に来ては腰に手をまわし、

『島中さん。今晩、忙しいですか?』

と訊いてくるのである。


長期出張で群馬に来て間もない僕だ。こちらに友達や彼女などいない。

仮住いのアパートで1人していることと言えば、本を読んでいるか、テレビを観ているか、あとはここに書くのは憚られるよう

なことくらいだ。


だから、自然

『空いてるけど…』

と答えてしまう。


すぐ斜め上にある小川さんの顔を見上げながら。

すると小川さんは、僕の腰にまわした手に力を入れ

『じゃあ、なにか美味しいものでも食べに行きましょう。迎えに行きます』

と言ってニコリと笑うのだ。

悪いから自分の車で行くと言っても、『いいです。お迎えに行きますから』と、聞き入れてくれない。

仕方がないので、仕事が終わると僕はさっさとアパートまで自分の車で帰り、すぐ後ろをついて来ていた小川さんの

アルファードに乗り込むことになる。


そんな感じで、この1ヶ月の間に博多ラーメンのお店、ここら辺の名物である佐野ラーメンのお店、僻地では珍しい

オシャレなダイニング・バーなどに連れて行ってもらった。


昨夜などは食事の後アウトレットでウィンドウショッピングをしたりなんかして、もうどう考えても恋人同士の雰囲気なのだ。

今夜あたり、迫られたらどうしよう…小川さんに組み敷かれたら抵抗できないな。

『優しくしてね』かなんか言ってみようかな。

など考えたのだが、そうなる前に一度、確認してみようと思い、アルファードがアウトレットから僕のアパートに向かって

国道を走っているときに訊いてみた。


『なぁ、小川さん。ほんとにオレによくしてくれるけど、もしかしてオレの体が目的?』

と冗談めかして。でも、どストレートに。

言った瞬間、急ブレーキを踏んで、アルファードを路肩に停めた小川さんが

『僕の気持ちをわかってください』

と言って覆いかぶさってくる。

そんなシーンが脳裡をよぎったが、杞憂に終わった。

間もなく車内に小川さんの大爆笑が響き渡ったのだ。

『がはははは!いやいや、ないですよ。ないない。ないっす。だってわざわざ京都から応援に来て頂いてるんですよ。これくらい当たり前です』

ほっとした。

で、小川さんの普段の仕事ぶりや工場での立ち振舞いを思い起こしてみた。


そういえば、小川さんは常にライン全体に注意を払ったり新人さんをフォローしたりしている。

小川さんんはつまり気遣いの人なのだ。

そうとわかって、改めて安心した。

と同時になぜか少し残念にも感じた。


44年の人生でモテ期など、2分もなかった僕である。

好きになってもらえるなら、同性でも嬉しいものだ。

受け入れられるかどうかは、また別の話だけれど。

そんなこんなで、すっかりこっちのメンバーにも馴染んでいる。


さっき京都のリーダーから

『そっちのメンバーとはうまくやってるか?』

というメールが来た。

『大丈夫です。おかげさまで彼氏ができそうです』

と返しておいた。



ラインの調子は今週はまぁまぁよかったが、来週から別の新製品を作る。

波乱含みだ。

気合いを入れ直すため、リフレッシュするために、また小川さんとデートでもしようかな。

 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

コメント

島中さ~ん、男に走ったらいかんですぞい(笑)
仕事頑張って!!

  • 2015/03/07(土) 22:24:58 |
  • URL |
  • 金太郎 #-
  • [ 編集 ]

金太郎様。

つい淋しくて。

あ、いや。

仕事、がんばります(笑)

ありがとうございます!

  • 2015/03/08(日) 02:37:34 |
  • URL |
  • 島中之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する