半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬出張編・15・気分転換に東京へ行ってきた

休みだった昨日、東京に行ってきた。


群馬県某市の仮住いから普通電車で2時間かかった。


窓の外を流れるのんびりした景色が、あるところから急に賑やかになる。


漢字でいうと『町』が『街』に変わる感じだ。

よく分からない喩えかも知れないが、とにかく東京スカイツリーが見えたときは

『うわっ』

と、小さく声を上げてしまった。

恥ずかしいオッサンだ。


都内では、家電量販店勤務時代のかつての上司を訪ねたりした。

(ホテルマンといまの仕事の間に、某家電量販店で5年ほど働いていた)


予め報せていなかったからか、僕が声をかけても元上司は


『いらっしゃいませ』

と言って普通に接客をはじめようとしたのだが、3秒くらい固まったあと

『シマさん!何してるんすか?』

と間抜けな台詞を口にした。

(元上司は僕より若い)

長期出張で群馬に来ていること。休みを利用して東京に出てきたことを簡単に説明した。

それから当時いっしょに働いていたメンバーの現況について、少し話をして僕は店を後にした。

何せ元上司は仕事中なのだ。


夜は高校の同級生で、いまは東京に住んでいるHと落ち合い、飲んだ。


行ったのは門前仲町にある京風お好み焼きの『875』というお店。

ここのオーナーも高校の同級生なのだが、やはり予め行くことは伝えておらず、予約も偽名で入れていたので、僕とHが入店するとオーナーであるTは


『なんでや?』


と言ってコテを持ったまま3秒くらい固まった。


約4秒後にはTの凝固も溶け、普通の状態に戻ったので、僕は、僕がなぜ東京にいるのかを説明した。


それから僕とHはカウンター席で旧交を温めた。

Tも仕事をしながら、ちょいちょい会話に入ってきた。


4時間ほど飲んだ。


とても楽しかった。


僕もHもけっこう飲んだ上に、注文した覚えのない美味しいチーズの盛り合わせが出てきたりしたのに、代金が驚くほど安かったので、僕もHも3秒くらい固まってしまった。


そんなつもりはなかったのに、ありがとうT。

美味しかったで!


みなさんもお近くに行ったときには、ぜひ立ち寄ってみてください。

門前仲町駅から徒歩1分くらいです。


店名の『875』は『ハチナナゴ』と読みます。


Tのお店を22時30分に出た僕とHは、急いで電車に乗った。


都内に住むHはともかく、群馬の僻地にある仮住いまで帰らなくてはならない僕はのんびりしていられなかったのだ。


結局、浅草を23時02分に出る区間急行に飛び乗り、無事、僻地に帰ることができた。


仮住いのアパートに着いたのは、深夜1時頃だった。


今回の東京行きでは、人間は驚くと3秒くらい固まるということが分かった。


大きな収穫だ。どこがや。


しかし、いい気分転換になった。


昔の友人、仲間と飲んだりおしゃべりしたりするのは、ほんとに楽しい。


今月の下旬にはホテルマン時代の仲間が集まる予定だ。

楽しみだ。
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   


コメント

今週も生存確認が出来ました(笑)

なんやかんや楽しんでますねえ!

こっちは色々ありすぎて

疲れはてています


  • 2015/03/02(月) 13:29:26 |
  • URL |
  • タカユキ #-
  • [ 編集 ]

タカユキ様。

生存確認、ありがとう(^o^)/


楽しんでるで(^O^)

でも、今週末はちょっと波乱含み。

また別の新製品作る予定なんやけど、悪い予感しかしない(笑)

京都も大変そうやなぁ。

お互い、がんばろぉ(^o^)/

  • 2015/03/02(月) 21:56:45 |
  • URL |
  • 島中之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する