半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬出張編・4・応援2日目 責務



2月10日(火)

応援2日目。

新設ラインの稼働準備、状況はやはり厳しい。

にも関わらず思うように仕事が進まない。

そんな中、前後半の指揮官である、しゃべくりマン・渡部さんから僕にある依頼があった。

『シマちゃん。K検査機に関してはお任せしていいかな。今日か明日には勉強会をして欲しいんだけど、よろしくね』

応援は昨日が初日だったのだが、渡部さん、昼休み明けには僕のことを『シマちゃん』と呼んでいた。早っ。

と、まぁそんなことはどうでもいい。

渡部さんから勉強会の依頼があったK検査機のオペレーションと、そのスキルの伝承こそが、今回、応援にきた僕の最大の責務だ。


K検査機は京都工場にもある。

確かに僕はそのオペレーターだ。

しかし、この群馬工場のものとはメーカーも違えば仕様も違う。

それにオペレーターとしての経験も浅い。

昨日、高度なレクチャーを受けて頭から湯気を出したのが、このK検査機だ。正直、自信満々ではない。

とはいえ、群馬工場のメンバーはK検査機など見るのも触るのも初めてだ。

やるしかない。

『義を見てせざるは、勇なきなり』

と孔子のオッサンも言っている。

今日の午後からのほとんどを、僕はK検査機とその取説との格闘に割いた。

おかげで、なんとか格好はつきそうだ。


ところで、昼休み。

今日も渡部さんはしゃべりまくった。

『シマちゃん、京都の話してよ。いいとこだもんね、京都は。鹿が有名だよね、鹿が。え!? あれは奈良? あ、そう。あ、京都はあれか。清水。清水寺だよね。ぼくはね、清水に上ると飛び降りたくなっちゃうんだよね。そうだ、みんなで京都旅行行こう。で、シマちゃんの家でバーベキューしようよ……』

渡部さんがしゃべったことを全部書くと、六法全書くらいのボリュームになる上に、ほぼ意味不明だからこの辺にしておく。

昼休みが終わり、現場に向かう廊下で、新人の松本くんがぽつり言った。

『仕事より、休憩の方が疲れるんですよね』

しゃべくりマン・渡部さん。とても良い人なのだけど、ちょっとだけめんどくさいかな。

写真は僕のアパートの冷蔵庫の中。

朝はだいたいヨーグルト。これは京都にいるときから。

娘には『女子か』と言われるが、男子です。オッサンです。

プレモルは矢作係長からの差し入れ。

ヨーグルトとビールがずらり。理想的な布陣だ。

下の引き出しに入っているパテックス(冷湿布)は、今回の出張に際し、唯一、嫁が持たせてくれたものだ。

なぜ、パテックス。

長期出張を利用して冷却期間を設けようというメッセージなのだろか。

わからない。

春までゆっくり考えるとするか。
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村       

コメント

新規ラインの立ち上げって想定外のことばかり起こってしまいますよね。
お気持ちよ~くわかります(笑)
いい経験にもなると思いますので頑張ってください。

  • 2015/02/11(水) 09:40:39 |
  • URL |
  • 金太郎 #-
  • [ 編集 ]

何か喋ってないと間が持たないと思っている人、いますよね。実際には他の人が話すチャンスを奪っているだけなんですが(笑)
どうぞ湿布を貼って肩凝りを癒してください。

  • 2015/02/11(水) 16:31:53 |
  • URL |
  • 米田米子 #5lgk84Pk
  • [ 編集 ]

金太郎様

ありがとうございます。

そうなんですよ。

ほんと『まじで!?』ってことばかりです。

でも、金太郎さんもおっしゃる通り、いい経験だと思うのでピンチを楽しみます。

  • 2015/02/11(水) 20:08:25 |
  • URL |
  • 島中之裕 #-
  • [ 編集 ]

米田様

まさにそのタイプの人です。

図書館とか出禁になるかと。

一度、湿布で口をふさいでみます(笑)

  • 2015/02/11(水) 20:12:44 |
  • URL |
  • 島中之裕 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する