半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

誕生日に一番に来たメール。

3日前の1月26日。44歳になったその日一番に来たメールが、イー・モバイルから。

『データ通信量が規定の量に達したから、通信速度を低速化するで。速度を元に戻したかったら、ここをクリックしてな』

というような内容だ。

なめとんか。

規定の量を使ったのは分る。それで速度が遅くなるのも仕方がない。そしてそれをメールで報せるのも、まぁよしとしよう。

しかし、である。仮にも客の誕生日にメールするのなら、『おめでとうさん』のひと言くらいあってもいいのではないかい?

契約書にちゃんと生年月日も書いたではないか。

競争の激しい昨今。誕生日前には、居酒屋さん、洋服屋さん、車の部品屋さん、クリーニング屋さん等々、いろんな業種の

お店から『お誕生日、おめでとうさん。お安くするから来てね』なるハガキやメールが届くというのに、速度を戻した

ければ、ここをクリックしろなどといって追加料金をせしめようとするとは。言語道断だ、イー・モバイル。

速度制限がかかったせいで、フェイスブックがまともにつながらなくて、お誕生日おめでとうメッセージをくださった諸先輩方

、後輩、同輩、友人たち、または知り合って間もないべっぴんさんにお礼のコメントをするのが遅れてしまったではないか。

それだけではない。

「パパがいかがわしい動画ばっかり見るから、もう速度制限かかったで。タブレット、遅すぎ」

なんていう本当のことを娘に言われたぞ。

どうしてくれるのだ。


と、いつの間にか筋違いの怒りをイー・モバイルぶつけてしまったが、『誕生日おめでとう』メッセージはともかく、

速度制限を報せるメールに『いつもご利用ありがとうございます』くらいの文言は入れた方が良いと思うのだが。

まじめな話。


            イー・モバイルがいかに使えないか、ネットで調べようと思ったが遅過ぎて諦めた。合掌。






気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する