半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

群馬長期出張編 パート・Ⅱ その3 『島ちゃん、教えちゃダメだよ』と言われたのだけれど…




うんともすんともいわない機械を前に、新人の松田くんが固まっている。


そのすぐ横で超ベテランオペレーター、しゃべくりマン・渡部さんは腕組みだ。


『どうした、マツ。よおく見りゃ分かるだろ』


松田くんは異常音を発して停止した機械をもう一度、念入りにチェックした。

復旧のオペレーションは、抜かりなくしたはずなのに、なぜ動かない。

なぜだ…!?

松田くんの後ろ姿に焦燥感がにじむ。


そりゃそうだ。製造ラインにチョコ停(一時的なトラブルで機械、設備が停止すること)は、つきものだが、素早い復旧、再稼働はオペレーターの重要な職務の1つなのだ。


にもかかわらず、しゃべくりマン・渡部さんが、復旧方法が分からない松田くんを前に悠然としているのは、松田くんをゆっくりしっかり育てたいからに違いなかった。

しゃべくりマン・渡部さんのその熱い思いに胸を打たれながらも、僕は落ち着かなかった。

松田くんの教育のために停止時間が長くなり、結果、稼働率が下がることを快く思わなかったからでは、もちろんない。


何を隠そう僕も分からなかったのだ。なぜ機械が再稼働しないのか。

いや、まじで。

これでも京都工場から応援で来ている身だ。

こんな時、松田くんにさりげなく助け船を出したりするのが、本来の役割なのだろうが、新人と同じように分からないのだから、落ち着いていられるわけはなかった。


松田くんと渡部さんの背後に立つ僕は、泰然と振る舞いがらも目だけはせわしなく動かした。

と、渡部さんが僕の名前を叫んだ。

『島ちゃん!』

きた。ヤバいぞ。ここはパターン的に

『マツの野郎に教えてやっておくれ』

とくるに違いない。


両方の脇からいやな汗が出た。

尻からはうんこが出そうなくらい、全身を緊張と焦慮が包んだ。


ここで答えられずに恥を晒すくらいなら、ほんとにうんこをもらして、この場をめちゃくちゃにしてやろうかとさえ思った。


しかし、神はいた。

『島ちゃん、教えちゃダメだよ。マツには自分で考えさせないといけないんだ』


渡部さんが続けて口にした台詞は、僕の予想とは真逆のものだった。

そっちのパターンかい。ビビらせるなや、このションベンはげが。

安堵し、いやな汗も便意も引いた僕は余裕の笑みを浮かべながら、大きくうなずいた。

松田くんが僕を振り向き、

『島さん。さすがですね。僕、がんばります』

とでも言いたげな視線をよこした。

僕はそれに応えて、もう一度うなずいた。

なかなかの小物ぶりだ。


それから20秒ほど経過したころだ。


渡部さんが停止した機械のすぐ手前のコンベアのリセットボタンを押すと、ラインは再び動き出した。


『まだまだだな、マツ』

渡部さんが松田くんの肩をバシバシと叩いた。


え。そこやったんかいな。

ラインの機械、設備は連動している。

ある機械が異常を起こし停止すると、信号が飛びすぐ手前の機械(もしくは次の機械)も停まるようになっているのだ。


だから復旧させるときは、異常で停止した機械だけではなく、その前後の設備も見なければいけない。


基本的なこと過ぎて、新人の松田くんでも当然そこはやっているだろうと思い込んでいた僕は、思考から排除してしまっていた。


僕もまだまだだ。


基本て大事だな。


いや~、勉強になった。

ところで、添付の写真に収まっているのは、仮住いのアパートに設置されているエアコンとワードローブなのだが、エアコンの位置、おかしくないか。

ワードローブの真上て。

なんか効きそうにないぞ。

設置するところが間違っているような気がするぞ、基本的に。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   





群馬長期出張編 パート・Ⅱ その2 ときめきと戸惑いと…

『お帰りなさいぃ!』

ドアを開け、事務所の中に入ったまさにその瞬間だった。


僕と目が合ったS原さんという事務の女性が、すっと立ち上がり笑顔で迎えてくれた。


正直、ときめいた。

なんなら愚息がぴくりと反応した。


4月11日に群馬に到着した僕は翌日から早速出勤した。


前回の出張から3週間ほどしか経っていない。

僕としてはさっさと現場に入りたかったのだが、『事務所に挨拶をしてから』と京都工場のリーダーたちに言い含められていたので、仕方なく立ち寄った。

そこでそこそこの美人から思いもよらない、笑顔の歓待を受けたのだ。嬉しくない方がおかしい。

そこそこて。もとい。S原さんは、まぁまぁの美人だ(変わらんがな)


事務所奥の応接室で、打ち合わせをする僕にまぁまぁ美人のS原さんは


『群馬の美味しい水で淹れました』

とコーヒーを出してくれた。

元来、コーヒーは飲めない僕なのだが、ここは当然いただいた。美味しそうに。なんなら『探偵物語』の工藤俊作(松田優作)のように。


男ってあほだ。

朝一番から元気をチャージできた僕は意気揚々と現場に出た。


タイミングよくラインは小休止中で、しゃべくりマン・渡部さんや、元ラガーマンの小川さんたちがこれまた笑顔で迎えてくれた。


仲間たちの眩しい笑顔に胸を熱くしつつ、仕事に入った。


3週間ぶりに扱う機械のご機嫌を伺っているうち、あっという間に終業時間が迫ってきた。

夜勤メンバーに引き継ぐ内容をまとめていると、背中に人の気配を感じた。

振り返った。

前回の出張のとき何度も食事に誘ってくれた小川さんだった。
(参照:群馬出張編・16 もしかして、体が目的なのか…)


身長約190cmの小川さんが、僕の腰に手をまわしてささやいた。


『島中さん。また会えて嬉しいです。うまい生ビールを飲ませる店があるんですよ。荷ほどきが落ち着いたら行きましょう』


小川さんの大きな腕の中、僕は戸惑いながら曖昧にうなずいた。


2回目の群馬長期出張、今度こそ人としてなにか大切なものを失うような気がする。

いや、男として新しい世界を知ることになると考えた方がいいのだろうか。

いずれにしても、いよいよのときは優しくしてね、小川さん。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

群馬長期出張編 パート・Ⅱ その1




着いた。

朝、7時に京都の家を出てお昼の12時頃に到着。

やっぱり群馬は遠いな。

前回とは違うアパートだが、住所はほぼ同じだ。


2回目の群馬長期出張、当初は4月18日の土曜日に移動の予定だったのだが、諸般の都合により今日になった。

別段、問題はなかったのだけれど、少し切なかったのは、土曜日、京都工場のメンバーに


『あれ?! まだいたん?』

とか

『え。なんでいるんすか?』

とか言われたことだ。

なぜか、いてはいけないような気がして

『ちょっと予定が変わって…。月曜日、もう1回来るし』

と、恐縮してしまった。

僕の勤める会社では、出張、ましてや長期出張など滅多にないので、前回はそれこそ激戦地にでも送り出すかのように、大げさな声をかけてくれたり準備を整えてくれたのだが、今回はアッサリしたものだった。

そんなもんか。


滞在中の住居やレンタカーなんかの打ち合わせを先方としてくれていた事務方も途中から、


『島中さん。向こうの係長の携帯番号、知ってはりますよね。あとはご自分で直接お願いします』

ときたもんだ。

前回から1ヶ月と空いてないからね、そんなもんだな。

しかし、そんなお気楽メンバーに心配されたことが1つだけある。

荷物の少なさだ。


前回は約2ヶ月の滞在で段ボール箱2箱だった。

それで

『荷物そんだけですか? 大丈夫ですか?』

と訊かれたのだが、今回は更に減って段ボール箱1つだ。


『段ボール箱1つって! ほんとに大丈夫ですか?』


京都工場のメンバーも、駅まで迎えに来てくれた群馬工場の係長も、今までに見たことのないシリアスな顔で心配してくれるのだが、僕としてはなんら問題はない。


もしかしたら僕が知らないだけで、世間一般的にはこういうとき、持参するべき重要ななにかがあるのだろうか…。

分からない。

まぁ、よい。そんなことは。

それよりもだ。

2枚目の写真を見て欲しい。

これから1ヶ月と少しの間、寝泊まりするアパートの部屋なのだが、なんとベッドの位置が高いこと。


部屋に入った瞬間は、

『やった。2段ベッドの上みたい』

とテンションが上がったものの、冷静に寝るときのことを考えると、えもいわれぬ不安に襲われた。


自慢ではないが、僕は毎夜、ほぼへべれけ状態で床につくのだ。


京都の家でもベッドで寝ているが、いたってノーマルなベッドだから酩酊状態でも難なく倒れ込める。


しかし、ここのベッドは見ての通り、階段を使わなければならないのである。

はっきり言って無事に登り切る自信がない。

僕にとっては荷物の少なさよりも、こちらの方が切実な問題だ。

なにか良い案はないだろうか。

とりあえず、ビールでも飲みながら考えてみよう。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   



静かにしていろというのは、無理な話。

大阪のおばちゃんが3人寄った状態で、静かにしていろというのは、お腹を空かせた赤ちゃんに泣くなと言うようなもので、どだい無理な話である。


昨日の朝のことだ。

出勤後間もなく、ちょっとした用事で大阪に行くことになった。

僕の職場は京都の西の外れにある。

僕は通勤に使っているマイカーは使わず、最寄りの阪急N駅から普通電車に乗り、高槻駅で特急に乗り換えた。

3人のおばちゃんたちも高槻駅から乗ったのだが、それはもうしゃべるしゃべる。

ちょうど通勤ラッシュで車内はとても混み合っているにも関わらず、大声でしゃべくり倒すのだ。

話題のメインは、少し前に維新の党を除名された上西議員について。


『あの人には議員としての、いや、人としての常識がないと思うわ』

とか

『あれは絶対、秘書の男とつき合ってるで。そんなん、社会通念上許されへんと思うわ』

とか言い合いつつ、最近また太ったとか、羽生結弦くんのすべすべのお肌がうらやましいとか、しょーもないことを言っては大笑いするのだ。


先にも書いたが、満員電車の中である。


スマホを覗いたり、新聞を読んだり、iPodかなんかで音楽を聴いたりしている人たちが苦笑いを浮かべた。


『お前らが常識とか言うなや』

という意味の笑いだ。

しかし、中には当然イラだっている人もいた。

僕のすぐ前でビジネス書を読んでいた、50代とおぼしきオールバックのサラリーマンがそうだ。

オールバック・サラリーマンは、タイミングを見計らって、あからさまに敵意を込めた咳払いをした。

が、おばちゃんたちはまるで平気だ。

それどころか、咳払いを連発するオールバックのことを

『ちょっと風邪ひいてるん? うつさんといてや』

とでも言いげな表情で見るのだった。

“大人の抗議”が通じないとわかったオールバックはうなだれながら、また読書に戻った。

ちなみに、オールバックが読んでいた本は


『アドラー流 たった1分で伝わる言い方』

というタイトルだった。

ちょっと笑ってしまった。

大阪のしゃべくりおばちゃんたちを黙らせる方法は書いてなかったようだ。


結局、おばちゃんたちはずっとしゃべり続けたのだが、終点の梅田手前で話題にのぼった、

『上西議員の、あのメイクはないわ』

ということに関しては、車内の多くの人たちがうなずいているように見えた。


一筋縄ではいかない大阪のおばちゃんたち。

恐るべし!





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

なんと、また・・・・・・


4月9日のことだ。

群馬長期出張から帰ってきて、一週間ちょっと。やっと荷ほどきが終わって整理がついたころ、

ラインのリーダーに言われた。

「おい、シマ。4月20日からまた群馬工場に応援に行ってもらえるか?」

「あ、はい。行きます」

「先方から是非にとのことでな。悪いけど、頼むわな」

少しだけ申し訳なさそうに、リーダーが笑った。


行きますよ、そりゃ。社命とあらば。こちとら、宮仕えの身だ。

ただ、ちょっと早いなぁとは思う。

先方からの要望ということは、前回の仕事ぶりを評価していただいたといういことなのだろうが、

ということは、確実にハードルが上がっているはずだ。

たとえば、映画でも小説でも、パート・2というのは評価が厳しくなるものだ。

余程おもしろくないと、「こんなもんだったか?! 前回の方がよかったかな」と思われる。

助っ人で行く出張も同じことが言えるだろう。

ここは一つ、気合いを入れ直す必要がある。

プライベートでちょっと大変なことがあり、バタバタしているのだが、乾坤一擲! やるしかない。

大げさやな。

というわけで、近々、『群馬長期出張変パート・2』を始めま~す。


再度の長期出張を前に、やや、やけくそ気味なので、最後に本文とは何の関係もない(しかもパクリの)格言を記す。

“10円を笑うものは、1000円で笑い死に”






気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

振り込め詐欺が一向に減らない理由が、少しわかったような気がした

ついこの間のことらしい。

僕の嫁が仕事で、ある銀行のATM出張所に行ったときのことだ。

記帳を済ませた嫁がATMから出ようとしたところ、ちょうど入ってきた老婆がいきなり声をかけてきたという。

『ねえちゃん。悪いけどな、このカードで57000円おろしてくれへんか』

よもやの依頼に嫁は驚いた。


『えぇ!?いやいや。そういうことは他人に頼んだらあかんよ。ちゃんと窓口に行かないと』

家では理不尽女王として恐怖政治を敷く嫁であるが、外ではすこぶる常識的らしい。


真っ当至極な理由を申し述べてその依頼を断るも、老婆は一向ひく気配はない。


『窓口までは遠くて行けへんのや。ええからおろしてくれ。頼むわ。何が書いてあるか、よう分からんねや』

先にも記したように、そこはATMの出張所であり店舗はないので、当然窓口も行員もいない。

『いや、でも…』

『ええから。頼むわ。人助けやと思って。な。頼む』

どう見ても80歳は超えてそうな痩せぎすの老婆だが、なかなかに押し出しが強く、ついに嫁は屈してしまう。


『そしたら暗証番号だけは自分で押してね』

天井の隅に設置された防犯カメラを気にしつつ、嫁は老婆の現金を引き出してやった。

暗証番号だけは老婆自身に打ってもらって。

で、めでたく出金はできたのだが、これはもう見ようによっては振り込め詐欺だ。

いや、引き出してるので引き出し詐欺か。

どっちでもいいか。

いずれにせよ、お年寄りももう少し警戒心を持たなければいかんなぁという話だ。


たまたま居合わせたのが、家の外では常識人の嫁だったからよかったものの、声をかけたのが悪~い奴だったら、

手もなくお金をかすめとられたに違いない。

もちろん、お年寄りを食い物にする奴らが、いけないのだけれど。

ところで、痩せぎす老婆の出金を終え、会社に戻ろうと思った嫁なのだが、いつの間にやら後ろに並んでいた、

今度はでっぷりと太った髪が紫色の老婆に


『ねえちゃん。次はわての頼むわ』

と言われたそうだ。


やっぱりもうちょっとしっかりしよ。お年寄りのみなさん。

でないと、悪い奴らの餌食になるよ。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村   

やめておいた方がいいこと やめられないこと

『やめておいた方がいいのになぁ』と思った。

3、4日前、朝ご飯を食べながらテレビのニュースを観ていたときにだ。


なんでも最近、体操教室が盛況とのこと。

成人男性が多数、入会しているらしい。

お兄さん、あるいはオッサン達が

『バク転ができるようになってモテたい』

とインタビューに答えていた。

『わかってないなぁ』

と思った。

実は僕、中学1年生のときにバク転をマスターしている。


一世風靡セピアに憧れ、ジャッキー・チェンを心の師と仰いでいた僕は、それこそ死に物狂いでバク転の練習をした。

そうだ。僕もモテたかったのだ。

練習場所は校庭の砂場や家の布団の上だった。

何度も砂場に頭を突き刺しながら、必死に練習した。

危険な落ち方をして

『死ぬかも』と思ったことも一度や二度ではない。

約1ヶ月間、そんな死と隣り合わせの練習をし、遂にバク転をマスターすることができた。

以来、なにかというとバク転をした。

いや、なにもなくてもバク転をした。

『バク転できるオレってスゴいやろ』

とアピールしたのだ。

モテたいがために。

しかし、である。

モテなかった。

まったくもってモテなかった。

おかしいなぁと思いながら、まわり続けた。

時と場所を選ばず、クルクルまわる奴が、単なる“いちびり”であることに気づくまで、18年の歳月を要した。

中1でバク転をマスターしてから30歳になるまで、僕はまわり続けたのだ。


1日平均30回転として、18年で約197000回だ。

これだけバク転をしてモテなかった僕が言うのだから間違いない。

やめておいた方がいい。バク転などマスターしてもモテないから。

本気でモテたいと思うなら、もっと他のことに時間とお金を使うべきだ。

ところで、中1のときにマスターしたものがもう1つある。

自涜である。

おっと。モテたくてカッコつけた言い方をしてしまった。

自涜(じとく)=マスターベーション。オナニーだ。

これも中1でマスターして以来、毎日欠かしたことがない。

やめられないのだ。

1日平均、30回として…もうええな。

すみません。


そんなわけで、群馬出張編が終わり、いつもの『半泣きの詩(うた)』に戻ったのだけれど、その1回目を下ネタで締めてしまった。

いい歳して恥ずかしいと思わなくもないが、これはこれでやめられない。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村