半泣きの詩(うた)R 

「半」のつく言葉が好きだ。半泣き、半笑い、半ケツ、半身、半熟、半殺し等々。 どれもこれも中途半端な状態を表していてコミカルだ。 半殺しなんかはちょっと物騒な響きだが、それでもきっちり殺されるよりはマシである。 世界は中途半端であふれ返っている。 このブログでは大泣きするほどのことではない、でも半泣きくらいにはなってしまいそうな日常のシーンを掠めとって、読んでくれる人を半笑いにしたいと思います。

中1の娘のしょーもない悩みと、しょーもない主張。


「なあ、パパ。表現の自由って制限がないの?」

3日前の夜、中学1年生の娘が訊いてきた。

フランスのシャルリーエブド襲撃事件に思うところがあるのだなということは、すぐにわかった。

すぐにわかったが、そのとき僕はブログを書いていた。

ブログを書くとき、僕はお酒を飲む。あほなことを書くために、頭のねじを少し緩める必要があるからだ。

あまりお酒が強くないので、350ml缶の1本もあれば充分にねじは緩むのだが、そうすると理性とか自制心とかいうものも

緩んでしまって、2本、3本と続けて飲むことになる。結果、30分もしないうちにへべれけだ。

3日前の夜もやはりそうだった。

娘はそんな酩てい状態の僕に冒頭の質問をぶつけてきたのだ。

まともに答えることなど不可能だった。だが、ここは親として適当にやり過ごすことはできないと思い必死で考えた。

しかし、基本的人権、知る権利、未成年犯罪者の実名報道、風評被害などなど、『表現の自由』からイメージする文言が

ねじの緩んだ頭に浮かんでは消えるだけで、一向に考えがまとまらない。やっと出てきた答えらしきものが、

「表現の自由にも、もちろん制限はある。でも、たとえなにを書かれたとしても暴力に訴えるのはよくないと思うで」

だった。暴力とはこの場合、襲撃のことでありテロのことである。

「でも、イスラム教では偶像崇拝は禁止されてるんやで。それをざわざわ挑発するようなことをするのはどうかと思うなあ」

反論する娘。ストーブの前でだらしなく寝転がっているわりには、しっかりしたこと言う。

「それはそうやな。だけど暴力はあかん」

「でもイスラム教徒にとって、ムハンマドは―――」

「とはいえ、暴力はあかん」

話がさらに難しくなってきそうだった。僕は「暴力はだめ」の一点張りで押し通した。

「うーん……」

娘が考え込んだ。

僕は「ここが潮」だと判断し、全ての親が持つ必殺技、『早く寝ろ攻撃』を繰り出すことにした。

実際、けっこうな時間でもあったのだ。

案外、素直に言うことを聞いた娘に、僕はこれまた親としてベタな台詞を投げかけた。

「表現の自由のことは、学校の社会の先生に訊いてみ」

「パパ。逃げたやろ」

娘がにやりと笑って2階に上がった。酔いが醒めそうになった。中1を侮ってはいけないと思った。


普段はあほなことしか言わない娘だが、ときどき今回のように、大人の僕が「ん」と思うようなことを口にする。

保育園の年中組のころだった。ある夜、寝かしつけようとする僕に娘が言った。

「パパ。寝るってことは死ぬってことに一日近づくってことやな」

「う~ん。まぁ、それはそうやけどなぁ。その若さでそんなこと考えんでええがな」

あの時は、保育園児である我が子のニヒルな発言に、気に利いた返しができなかった自分を恥じたものだ。

そんなあほかかしこか分らない娘の目下の悩みは

『夜、寝ているとき掛け布団の縦と横がわからなくて困る』

という、しょーもないものだ。

娘は寝相が悪く、それにより布団がずれて足が出てしまい寒い。だから布団を本来の方向に戻そうとするのだけど、

眠い上に電気が消えていて暗いので、布団の縦と横がよくわからない。手と足を使って、くるくるくるくる布団を回す自分に

“中国雑技団か!” と、ツッコミたくなるのだそうだ。

『すべての布団は正方形にすべき』

というのが、目下の娘の主張だ。

やはりまだ中学生は子供だ。

                と、思ったのだが、その夜、僕も夜中に布団をくるくるまわす破目になった。合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

驚いた!! そのついでに、同級生のしょーもないギャグを思い出した。


昨夜、ネットサーフィンをしていてめちゃくちゃ驚いた。

YouTubeで、ルービックキューブ世界最速記録の動画を見てしまったからだ。

その記録、なんと5,66秒! 6面そろえるのに、5秒66なのだ!


ルービックキューブは、僕が小学生の頃に大ブームになった。30年以上前だ。

何面そろえることができたか、毎日、友達同士で競い合った。

インターネットなどない時代。みんな自力で地道にがんばっていた。

ある日、同じクラスの多羅尾が自慢げに言った。

「オレ、昨夜、5面そろえたぞ!」

クラスの半分くらいが、そのギャグを理解して笑い、あとの半分は「すごーい」と感心していた。

よく考えると、しょーもないギャグだけれど、僕はけっこう好きだ。
            
あの日、しょーもないギャグを放った多羅尾は、いま信金マンだ。

                                   意外に堅実だったクラスメイトに合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

シチューについて。


味噌汁はお椀に入れて食す。世の常識だ。

では、スープは?

普通なら皿だ。スープ皿。

しかし、僕が育った家ではスープもお椀だった。

なぜか? 

それはうちが母子貧乏家庭だったからだ。

よく、クロールカップスープなんかをお椀で食した。

もちろん箸で。

ま、いくら貧乏でもスプーンくらいはあったのだが、お椀にはやっぱり箸だ。

ものすごくコーンは取りにくかったけど。

晩ご飯が、白ご飯とそのインスタントスープだけということも珍しくなかった。

ご飯をパクっとほお張り、そこにすすったスープを流し込む。

口の中のご飯にスープがしみ渡り、なんとも言えない味わいがたまらなかった。たまらなく、侘しかった。


ところで、ドラマや映画の食事シーンで、よくシチューだけを食べているのを観るが、ああいうことは、実際の生活でも

あるのだろうか。

ばっちりメイクの新妻が、仕事を終えた旦那様を迎え、

「お帰りなさい。今日はシチューなの」

かなんか言って、大ぶりなスープ皿に入ったシチューを出す。

テーブルにはおしゃれなランチョンマットが敷かれている。

旦那も旦那で、あほみたいな顔して、ま~るいスプーンでシチューをズズズ。

「うん。おいしいよ」

って、なんじゃそら。

いくら具が大きくても、そんなもんで腹が膨れるのか!?

気取るな。それともなにか。お前たちも貧乏なのか!?

飯も食え。一緒に飯も食って口の中でシチューをしみ込ませて、クチャクチャにして食うんじゃ。

わかったか!


申し訳ない。なんか興奮してしまった。

もう、この辺でやめておこう。そう言えば、お腹も減ったので……


“貧乏は恥じることではないが、自慢することでもない” かあ……。

                 
                                             合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

そのドラマに、その『おことわり』は要らんやろと思って言ったのだが……


昨夜、テレビで映画版『妖怪人間ベム』を放映していたので、久しぶりに観た。

公開当時にも娘と映画館に観に行ったのだが、アニメ版にもある、ベロが人間の子に向かって

「おいら、怪しいもんじゃないよ」

というシーンには、ツッコム気にすらならなかった。いや、むしろ悲しかった。


『妖怪人間』といえば、数年前に実写版をテレビ放送していたとき、番組終了時に毎回、『このドラマはフィクションです』と

いうような、おことわりが流れていた。

ある日、会社で同僚の玲子ちゃんに

「あれは要らんよなあ」

と、言うと

「フィクションてなに?」

という答えが返ってきた。恐るべし。

まさに“事実は小説より奇なり”だ。ちょっと違うか。

                     他のもそうだが、この話もフィクションではない。合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

『こんな場合、あなたならなんと答える?』 キックボクシングの師匠に関してのあれこれ

身長181㎝、体重75㎏、体脂肪率は10%、しなやか筋肉、涼しげな二重の目、坊主頭でありながらイケメンの格闘家。それが僕のキックボクシングの師匠・辻出謙二塾長(52歳)だ。
ご自身の格闘家としての実力もさることながら、指導者としてもプロキックボクサーを何人も育てるなど、まさに“全身格闘家”だ。書いていて自分でもよく意味がわからないが、とにかく凄い人なのである。

そんな凄い格闘家に、こんなことを訊かれたら、あなたならどう答える?

ある試合後の飲み会のときのことだ。
宴がはじまって、生ビールを何杯か飲んだ師匠が、突然、道場生に向かっておっしゃった。

「お前らオレのこと、ゆでダコやとか思ってるやろ」

師匠はお酒に弱いというわけではないが、飲むと顔が赤くなる。
坊主頭で顔が真っ赤。これはもう誰がどう見てもゆでダコだ。訊くまでもないことであるし、言うまでもないことである。
もし間違って厨房に入っていけば、板さんに刺身か唐揚げにされるだろう。
包丁一本で板さんが師匠に勝てるかどうかは、この際、置いておく。それくらい飲んで赤くなった師匠は、ゆでダコそのものということなのだ。

もちろん、師匠も冗談で訊かれたのだ。しかし、だからといって僕たち道場生が「はい。そうですね」と答えられるはずはない。誰だって命は惜しい。冗談に冗談で答えたら、冗談のつもりで繰り出した師匠の制裁パンチが致命傷になって死ぬ、という冗談にならない展開が容易に想像できるからだ。
このときは確か、現役ヘビー級ランカーの渡邉和さんあたりが、強引に話を変えて事なきを得たはずだ。
なにせ恐ろし過ぎたので、そのあたりの記憶が曖昧になっている。

蛮勇を振り絞り、酒席での師匠のお茶目っぷりを紹介したが、普段の師匠はとてもジェントルマンだ。
あれは師匠にちょっとした報告事があって、道場に併設されている整体院にお邪魔したときだ。
平日の昼間。約束の時間よりかなり早く着いてしまった僕は、待合スペースで待たせていただくことにした。
院内はヒーリング系のBGMが静かに流れているのだが、カーテン一枚隔てた施術台からは師匠とお客さんの声が聞こえてきた。

「いつごろ開店したんや?」「もっと下や」「おう。もっと強く揉んでくれ」

横柄な言葉遣いの男性客は、声の感じから30代と思われた。そのいちいちに師匠は丁寧に応えてらした。

と、

「ションベンや。便所はどこや?」

「はい。奥のドアの向こう側、中に進んでいただいた左手です」

という会話の数秒後、カーテンがぴしゃっと開き男性客が僕の目の前に現れた。えらそうな言葉遣いから、チンピラのような男を想像していたのだが、至って普通のサラリーマン風だった。
男性客は師匠の案内通り、奥のドアを開けてトイレに行ったが、数分後またそのドアを開けて戻ってきたときは、なにか様子が変わっていた。

「あのぉ。あちらはなんですか?」

おずおずといった感じで師匠に尋ねる男性客。

「あちらは道場になってます。キックボクシングと空手の道場です」

やはり丁寧な口調の師匠。

「誰が教えてはるんですか?」

「私がやらせてもらってます」

「そうなんですか」

男性の声は、か細くなっていた。
自分がさっきまでえらそうな口を利いていた相手が格闘家だと知って、男性客はにわかに緊張したようだった。
出来の悪いロボットみたいな歩き方でベッドまで歩く姿に、思わず僕は吹き出しそうになった。

『師匠の施術でほぐれていたはずの身体がガチガチやないか。隣の道場で、いっちょ揉んでもらった方がええんちゃうか』

というツッコミは、もちろん飲み込んだ。

やがて施術が終わり、男性客は店から出て行った。
僕はちょっとした報告を済ませてから、男性客について師匠に水を向けた。

「それにしてもさっきのお客さん。ここで聞いてる僕の方がムカついてきました」

「あれくらいで腹を立てるとは、シマちゃんもまだまだやな」

師匠が破顔された。施術台に押し倒されてもいいかなと思うほどの柔和な笑顔で、ゆでだことにはほど遠かった。

かように懐の深い師匠の整体院『癒~time』(ユータイム)は京都の山科にある。
身体がほぐれると、気持ちもほぐれますよ~。リフレッシュされたい方は是非!
 
ちなみに格闘技における師匠のスタイルは『打たさずに、打たない』だ。
やはり奥深い……かぁ?                                          合掌。
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

そんな報告は電話でいいでしょ。


昨日の朝イチ。会社の先輩、近堂さん(男性・たしか56歳くらい)が、病欠すると電話をしてきた。

それはいいのだけれど、近堂さんは病院に行った帰り、

「インフルエンザでした」

と、会社に報告に来た。

なぜ、わざわざ来る。インフルエンザなのに。それこそ電話でええがな。

そのせいかどうかはわからないが、今日、体調不良で一人欠勤した。

近堂さん。まじめなのか、あほなのか。

とにかく。次に熱が出たら、病院で、“なんとかにつける薬”を出してもらってくださいね。

                         
                             近堂さんともう一人の復調を祈りつつ、合掌。
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村                                        

ヒステリックな嫌煙家ではないけれど、あえて愛煙家にもの申したい。


僕はタバコを喫わない。44年の人生で一度も喫ったことがない。

中学のとき、タバコを喫っている友人たちに「根性なし」と言われても喫わなかった。

なぜなら、その友人たちがはじめて喫ったとき、苦しそうにゲホゲホむせているのを見たからだ。

そんな苦しい思いをしてまで、体に悪いと分かっているものをなぜ喫うのか理解できなかった。


ところで、今回は僕がタバコを喫わないことを、「どや。えらいやろ」と威張りたいわけではない。

そもそも喫煙率は、いまや20%ちょいらしいのでタバコを喫わないことなど、もはや自慢にはならない。

それでも僕の周囲にはタバコを喫うやつが多いので、そいつらにちょっと苦言を呈したい。

まず、タバコを喫うやつ、お前らいちいちタバコを忘れるな。

たとえば、4人くらいでドライブをしていているときに、ちょっと茶でもしよかと国道沿いの喫茶店に入る。

すると、「あ、タバコ忘れた」とか言って車に取りに行ったりするのだが、数分後、戻ってくると「やっぱり鞄に入れてたわ」

って。

あほか。

タバコがあるときは火がないし、一体、どんな管理をしてるのだ。

それから、なにか物事をする前とか、した後に、いちいちタバコを喫うな。

「ちょっと一服」って、お前らタバコ喫わないと何もできないのか。

しかし、大きな仕事を終えた後の一服は、ほんまにうまそうに喫うなぁ。ちょっと、うらやま―――

い、いかん。擁護しそうになってる。

次に歩きタバコ。世間的には嫌煙運動が盛んなのに、未だに歩きタバコをする奴がいる。

最近、けっこう見かけるのが、駅の改札を出た瞬間にタバコに火をつけるおっさんだ。

どこもかしこも禁煙・禁煙で、たしかに愛煙家は我慢を強いられているとは思うが、改札出てすぐは勘弁してほしい。

近くに歩いている人がたくさんいるのに、危ないと思わないのか。

最後にタバコの煙や煙。お前にもひと言、言いたい。お前、絶対にオレのところに寄って来るよな。

“タバコの煙は喫わないやつのところに行く”

という俗説があるが、あれは本当だ。

この間、嫁とおかんとパチンコに行ったのだが、僕を真ん中に3人並んで打ちはじめたとき、嫁とおかんがタバコに火を点け

ると、なぜかどちらの煙も僕のところに来たのだ。なんでやねん。ええ加減にしてくれ。

で、以上のようなことをタバコを喫うやつに面と向かって言うと、決まって返ってくる台詞が、

「オレも他人の煙はむかつくわ」

あ~、もう、いや。試しに一服してみよかな。

                                        

                            愛煙家のみなさん、マナーを守って楽しんでね。合掌。
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        
   

今年もだめかも……。


元日の朝、

「今年こそはいい年にしてみせる!」

と、勢い込んで激しく顔を洗ったら、鼻の穴に思いきり指を突っ込んでしまった。

せっかく顔を洗ったのに、鼻血を出してしまった。

それを反省して、初出勤だった今朝、改めて

「今年こそは!」

と、勢いよく顔を洗ったら、今度はまぶたに指をひっかけ、めくり上げてしまった。

どう考えても、今年もだめそうである。

顔を洗って出直したいなあ・・・。

                                    前途多難な自分に合掌。 
 




気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        
     

今はとても立派なホテルなのだけれど・・・


二十歳から15年間、京都市内のビジネスホテルでフロントマンをしていた。

ある夜勤のときだ。

チェックインしたお客様からフロントに内線電話が入った。

「ちょっとぉ。テレビのリモコンの反応が悪いんだけど」

僕は、はっきりきっぱり、こうお答えした。

「申し訳ございません。恐れ入りますが、テレビのすぐ目の前まで行って操作していただけますでしょうか」

笑って「そうか」とおしゃったお客様に感謝した。


またある夜勤のときのこと。

夜のうちにチェックアウトされたお客様があったので、その部屋で仮眠を取ろうとしたのだが、寒過ぎて眠れなかった。

思わず「他のホテルを取ろうかな」と思ったくらいだ。


と、かつて働いていたホテルの欠陥を記してしまったが、改装に改装を重ね、今ではとても立派なホテルになったようだ。

つい最近、宿泊した元アルバイトが「めちゃくちゃ快適でした」と言っていた。

そうなのか。今度、夫婦喧嘩をして家を追い出されたときにでも宿泊してみよう。


                                   ここのところ、嫁との関係が寒い自分に合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        
     

そんな人に声をかけられるとは思いもしなかった。


僕の友達の知人、つまり僕は知らない人が、酔っぱらって路傍の占い師が灯しているロウソクの火を

「失礼します!」

と言って吹き消した。

すると、占い師は憤怒の表情で

「君の命の火が消えた!」

と、叫んだという。

占い師をおちょくるのはやめた方がいい。命がいくつあっても足りない。

ところで、20年ほど前。

夜の祇園を歩いていると、辻占いのおばさんに

「ちょっと、お兄さん。占っていかない?」

と、声をかけられた。

あまりに暇だったからなのだろうが、客引きをする占い師なんて初めてだったので驚いた。

商売になる場所かどうか、ちゃんと占ってからやれっちゅーの。

                               
                                  売れない占い師に合掌。





気まぐれ日記 ブログランキングへ
 
 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村        
                                                              
前のページ 次のページ